えむじか出町柳店ブログ

京都のレンタサイクル店・えむじか出町柳店のびっくりスタッフたちが、各自持ち合わせの面白ネタにからめて当店のサービス等をご紹介する(かもしれない)ブログです。(い)
えむじか出町柳オールスター名鑑 Vol.17【SENTO】〜京都の街ならではの楽しみ方、いろいろ!その2〜
0

    健康第一、安全第一。大事なことだらけ。

     

     

    【SENTO】

    ・27インチ

    ・まっすぐハンドル(3段変速付き)

    ・ブラック

     

     

     

    【SENTO】という名前がホンマに銭湯のことを指すのかどうかはさておき、この車名を見てしまったらやはり銭湯に行きたくなる(亀)です。

     

    たとえ我が家に風呂があっても、広い湯船とサウナ水風呂電気風呂…疲れの取れ方が全然違います。

     

    当店の自転車が日々メンテナンスしているのと同様に、我々人間の体調管理も欠かせません。

     

    昨今の騒動で、体調維持の重要度も再認識されたかと思います。

     

    ストレスも疲れも、溜めないのが一番。

     

     

     

    話はさておき、京都の街にはたくさんの銭湯があります。

     

    その街その街で人々の社交の場にもなってて、いろんな人に会います。

     

    通ってるうちに、常連さん陣と仲良くなってたりもしたりとか。

     

    今回は、何軒かある(亀)の行きつけ銭湯を紹介したいと思います。(勝手に)

     

     

     

    【平安湯】

    ・京都市左京区吉田下大路町22 (当店から自転車で10分ぐらい)

    ・午後3時〜深夜1時、木曜定休

     

    まずは左京区から平安湯を。

     

    通勤ルートに近い銭湯で、えむじかスタッフにも平安湯ファンがいて、噂を聞きつけてからちょいちょい通っている。

     

    トルマリン湯と水風呂のコンボが疲れに効きます。

     

    今日も当コラムを執筆する前に入ってきたのですが、その刹那なんと元スタッフ(ふ)氏に偶然遭遇!

     

    まさかの裸の付き合い!

     

    湯上がりに飲む、瓶のファンタグレープが泣ける…!

     

     

     

    【加茂湯】

    ・京都市北区小山西元町45 (当店から自転車で20分ぐらい)

    ・午後3時〜深夜2時(2020年6月1日から)、毎月第2・第4の火曜・水曜定休

     

    北区には行きつけが2軒あって、まず一つ目は加茂湯から。

     

    えむじか平日クローズ作業を終え、夜中に行くことが多い。

     

    なんと驚愕の深夜3時まで営業…だったのだが、2020年6月1日から深夜2時までの営業に(それでも十分遅いけど)。

     

    (亀)が北区在住当時、夜中にさんざんお世話になった銭湯。

     

    スチームサウナと氷がポロポロ落ちてくる水風呂のコンボが疲れに効きます。

     

    実はサウナってそんな頻繁に入らないんですが、ここのスチームサウナは毎回入ってしまうぐらい刺激的。

     

     

     

    【竹の湯】

    ・京都府京都市北区上賀茂北大路町38 (当店から自転車で30分ぐらい)

    ・午後3時半〜深夜0時、月曜定休

    二つ目は、(亀)の元祖行きつけ銭湯・竹の湯。

     

    かつてここの近辺に住んでて、もう通いだしてから15年以上経つ。

     

    引っ越してからしばらくは足が遠のいてた時期もあったが、ある時久しぶりに行ったら大将もお母さんも覚えててくれてはって、それ以来ちょいちょい通っている。

     

    ここは何といっても露天風呂が最強。

     

    夕方まだ陽の明るいうちに露天風呂に浸かってたりなんかすると、ホンマに時を忘れます。

     

    風光明媚な上賀茂の景色とセットで堪能していただきたい。

     

     

     

    【西院旭湯】

    ・京都市右京区西院東今田町9-1 (当店から自転車で40分ぐらい)

    ・午後2時15分〜深夜0時半、金曜定休

     

    右京区からは何といっても西院旭湯。

     

    (亀)が最も通ってる銭湯で、だいたい毎週どっかで入りに行っている。

     

    ここの石鹸シャンプーリンスタオル無料貸し出しサービス「手ぶらセット」が実に強力。

     

    そもそも初めて旭湯に行ったのが、亀岡へサイクリングに行った帰り。

     

    手ぶらセットのお世話になったのがキッカケで仕事帰りに通うようになり、気がつけば通いだしてもう7年。

     

    だいたいどの時間帯にも喋れる常連さんが居たり、大将やお母さんと世間話に花が咲いたり。

     

    ”銭湯とは社交場である”という概念はここで習得した。

     

    脱衣所でライブやったり、浴室でミニ四駆大会やったり…なにかとイベントの多い、旭湯のお祭り気質もまた良い。

     

     

     

    (番外編)

    【千鳥温泉】

    ・大阪府大阪市此花区梅香2-12-20 (当店から自転車で…たしか休憩しながら5時間ぐらいで行った憶え。当店の貸し出し自転車では京都市境を越えての利用はできませんのであしからず)

    ・午後2時半〜夜22時半、火曜定休

     

    ぜんぜん京都の話じゃないのですが、大阪の千鳥温泉はロードバイクが店内番台奥に停められるというので、淀川土手をひたすら走って行ったことがあります。

     

    大将が自転車好きで、「自転車湯」を裏屋号にしてしまうぐらいの想いだったらしい。

     

    自転車で行ったのをキッカケに、舞洲で野球観た帰りとか大阪でちょっと時間ある時なんかは入りに行ったりします。

     

    もし自転車がお好きな読者の方は一度行かれてみてはいかがでしょうか?

     

    阪神なんば線千鳥橋駅界隈は面白い店が多くて素敵ですよ。

     

     

     

    つらつらと個人的行きつけ銭湯を書き連ねてきましたが、ようやく当店自転車の【SENTO】に話を戻します。

     

    この自転車の特長は、当店に少数存在する3段変速付き自転車。

     

    なので変速機をガチャガチャ操作しながら、快適な楽しいサイクリングができます!(なお当店の変速付き自転車はランダムで登場します。在庫の無いときはごめんなさい。今のところ同一料金です)

     

    27インチなので大柄な方にバッチリかと。

     

    【SENTO】に乗って京都市内の銭湯へ…ってマジで推したい今日この頃。

     

    ここには載せきれなかったんですが、当店には銭湯通いを続けるスタッフ(や)氏行きつけの銭湯もあるので、こちらに関してはどっかでまた改めてご紹介したいと思います。

     

     

     

    今回は自転車名にかこつけて、京都の街に存在するひとつの文化をご紹介しました。(以前はうどん屋文化に触れた回もあった)

     

    ぜひとも京都へお越しの際にはこの街の文化に触れてみてください。

     

    そしてその折には、レンタサイクルえむじか出町柳店の自転車をご利用いただけたら幸いです。

     

    (昨今の騒動で自粛を要請されていた移動も、徐々に再開されつつあるようですがとりあえずくれぐれも慎重な行動をお願いします)

     

    とりあえず当レンタサイクルえむじか出町柳店は6月、平日・土日祝を問わず9:00〜21:30で営業中です。※今後も随時変更の可能性があります。ご来店の前に、その都度こちらでご確認いただくようお願いいたします。

    自転車での移動は、”密閉空間・密集場所密接場面”を避けられる交通手段であるということは確かです。

     

    ご入用の際はなにとぞ是非とも。

     

     

     

    (亀)

    | レンタサイクルえむじか | えむじか出町柳オールスター名鑑 | 00:05 | comments(0) | - |
    えむじか出町柳オールスター名鑑 Vol.16【マユツバ】〜確かな交通手段、それは自転車!〜
    0

      自分で調べて、自分の意見を持ち、自分で走る…というサイクリング。

       

       

      【マユツバ】

      ・24インチ

      ・ママチャリ

      ・シルバー

       

       

       

      えむじか出町柳店に多数在籍する、強烈な響きの名前がついた自転車。

       

      今回で16台目のご紹介ですが、おそらく最も含蓄のある名前では…?!という1台をご紹介してみましょう。

       

       

       

      【マユツバ】と聞いて皆さんはどのようなイメージが浮かんだだろうか?

       

      おそらく「え〜、うさん臭っ!」ていうリアクションが最もポピュラーに思う。

       

      実際、お客さまへのお貸出し時に「え〜、【マユツバ】て!大丈夫なん?」というリアクションを頂戴したことがある。

       

      今このコラムを書きだす瞬間まで、執筆担当(亀)も「なんちゅう名前やねんな」と思っていた。

       

       

       

      では改めて【マユツバ】ってどういう意味なんやろ?と調べてみた。

       

      信用できないもの”という意味がやはり目立つ。

       

      これが、いわゆるポピュラーなニュアンスに相当するやつではないだろうか。

       

      さらに読み進めると”だまされないよう用心すること”とある。

       

      眉に唾(つば)をつければ狐(きつね)などに化かされない…という言い伝えに由来するらしい。

       

      なるほど。

       

       

       

      一緒な意味合いのようで、”己の行動に気をつける”というのはとても大切なことなんじゃないか?

      何事も鵜呑みにするのは一番危険だ!

      さまざまな情報があふれかえる昨今の世の中、本当に必要なものの取捨選択はとても尊いことのように思う!

      だいたい道を自転車で走る時も、”だろう運転”じゃなく”かもしれない運転”が基本じゃないか!

      誰もがみな己の行動に気をつければ、悲惨な交通事故だって減るじゃないか!

      素晴らしい…!!!!

       

       

       

      …などと一人考えに浸り、すっかりハイになる(亀)であった。(考え事をしながら自転車に乗るのはとても危険なのでやめましょう)

       

      用心から入り、自分で確認して、フィーリングを確かめる。

       

      生きていく上で非常に重要なことですよね。(先述のお客さまも、返却時には「乗りやすかった〜!」と仰っていました)

       

      そんな普遍的な真理が、この怪しげな車名に隠されていてなんて…!

       

      めっちゃポジティヴ。

       

      印象が変わった。

       

      今後はお貸出しする際に、今までの【マユツバ】像とはとは違った意味合いをご説明できるかも…!!

       

      いや〜、つくづく「えむじか出町柳オールスター名鑑」を書いててよかったな〜!と思った今日この頃。

       

       

       

      ひとしきり妄想をしたところで話を戻しますと、自転車の【マユツバ】自体はまたぎやすいフレーム形状かつ軽快な走りっぷり。

       

      お子さまから小柄な大人の方まで、京都の街を巡られる際は素敵なパートナーとなる事をお約束します!

       

       

       

      京都・大阪・兵庫の緊急事態宣言も、ようやく解除されましたね。

       

      大っぴらに京都へお越しの皆様を歓迎したいところではありますが、そこはどうかくれぐれも慎重な行動をお願いします。

       

      とりあえず当店5月は、平日・土日祝を問わず9:00〜21:30で営業中です。※今後も随時変更の可能性があります。ご来店の前に、その都度こちらでご確認いただくようお願いいたします。

       

      自転車での移動は、”密閉空間・密集場所密接場面”を避けられる交通手段であるということは確かです。

       

      ご入用の際はなにとぞ是非とも。

       

       

       

      (亀)

      | レンタサイクルえむじか | えむじか出町柳オールスター名鑑 | 23:20 | comments(0) | - |
      えむじか出町柳オールスター名鑑 Vol.15【せやねん】〜より良いサービス向上を目指して!〜
      0

        「曖昧さが含む豊かさ」を、強く断定する言葉から読み取る。

         

         

        【せやねん】

        ・27インチ

        ・ママチャリ

        ・グリーン

         

         

         

        世界ではさまざまな言語が存在します。

         

        日本には日本語。

         

        ひと口に”日本語”といいますが、その中で地域ごとにさまざまな方言が存在します。

         

        さらに方言の中には土地土地の差異があったりして、追究していくと面白いですよね。

         

         

         

        えむじか出町柳店を代表する、コテコテ関西弁な名前の自転車【せやねん】。

         

        まえ2文字”せや”は、ザックリと言うならば英語では”Yes it is"、関東あたりでは”そうだよ”…あたりに該当するのだろうか。

         

        うしろ2文字”ねん”は、関西弁において”力強く同意する・肯定する”際に発せられる感動詞だそうで。

         

        だんだんと難しい文章になってしまったが、要するにめっちゃポジティヴな名前の自転車ではないかと。

         

        深みのあるグリーンの車体、またぎやすいフレーム形状、滑らかな乗り心地。

         

        27インチなので大柄なお客さまにはバッチリの1台。

         

         

         

        言語学の知識がロクに無いにもかかわらず、車名についてあれやこれや考えてたら2時間も時が過ぎてしまった。

         

        毎回コラムを執筆するにあたって、

         

        ・思いついたままスラスラ書ける回

        ・深く掘り下げて考えた結果、書き上げるのにやたら時間がかかった回

         

        …という2パターンが存在します。

         

        今回の【せやねん】、関西圏で生まれ育ち暮らしている中の人(亀)にとって日常用語でありました。

         

        ゆえに割と軽い気持ちで書き始めたのですが、モロに後者のパターンに当てはまってしまった。

         

         

         

        先述の通り、日本には多数の方言そして土地土地の差異が存在します。

         

        「【せやねん】って名古屋らへんでは何て言うん?」と、愛知県出身のスタッフ(い)氏に問いかけてみた。

         

        すると「名古屋のことは知らん!けど三河弁で言うとしたら”ほだよ”か?しかしこの”ねん”の感じが出んのよなー」とのこと。

         

        そうか、これは関西特有のニュアンスやったんか。

         

         

         

        関西弁という言葉は、どうやら他の言葉では直しづらい表現が多いようです。

         

        言葉尻を丸くしたり曖昧にしたり、様々なニュアンスを含む独特のグルーヴ。

         

        一見つかみどころがないようで、しかしそこから放たれるユーモアから新しい何かが生まれるような…

         

         

         

        宇宙の、日本の、関西の、京都は左京区田中上柳町で営業しております当えむじか出町柳店。

         

        自転車をお貸し出しし利用していただく…という基本的な要素以外で、お客様に何か新しい良いサービスはできないか…と日々模索しております。

         

        じゃ何ができるねん?!という話なんですが、昨今の社会情勢を考えるとやはり「”3密”を避けられる」というのが最も良いサービスであるように思います。

         

        ハンドル・サドル・ベルなど、お客さまの手が触れる箇所への消毒も随時行っております。

         

        5月は平日・土日祝を問わず9:00〜21:30で営業中です。※今後も随時変更の可能性があります。ご来店の前に、その都度こちらでご確認いただくようお願いいたします。

         

        「どうしても自転車で京都市内を移動せなアカンねん!」なんて場合など、ご入用の際はどうぞご利用ください。

         

        日本のみならず、世界のありとあらゆる国々の皆さんに、なんなら宇宙の星々の皆さんに…美しき関西の言葉に触れていただく、そんな折にえむじか出町柳店の自転車がお供する日が来ますように。

         

         

        (亀)

        | レンタサイクルえむじか | えむじか出町柳オールスター名鑑 | 16:23 | comments(0) | - |
        えむじか出町柳オールスター名鑑 Vol.14【113】〜予約不要の自転車台数、あります!〜
        0

          星の数ほどいる自転車の中で、どうしてこいつが気になったんだろう。

           

           

          【113】

          ・27インチ

          ・(ややカーブした形状の)まっすぐハンドル

          ・ベージュ色

           

           

           

          えむじか出町柳店には300台以上の自転車が在席しています。(2020年5月現在)

           

          いずれの自転車にも名前がついているのですが、その中で数字の車名が複数存在します。

           

          え、数字の車名って便宜上つけられたんじゃ?…という感もありますが、今回は数字にまつわるエトセトラを。

           

           

           

          【113】と聞いて何かを思い浮かぶ方は、果たしてどれぐらいおられるのだろうか。

           

          中の人(亀)は毎回この自転車を見かける度に、国鉄・JRで活躍した113系という電車を思い出さずにはいられない。

           

          昭和38年〜57年まで、のべ19年間で2,943両製造された国鉄を代表する車両のひとつ。

           

          緑とオレンジの”かぼちゃ色電車”と書くと、ああアイツか!と思う方もおられるかも。

           

          京都駅界隈やと、いまだに湖西線・草津線あたりで現役やったりします。

           

          (嵯峨野線から撤退したの、いつやったっけ?と調べたら2010年3月。時の流れは早いもの)

           

           

           

          先日(世の中で外出自粛が叫ばれるちょっと前)、中の人(亀)が天橋立までサイクリングに出かけた時のこと。

           

          マイ自転車を輪行袋に入れ、乗り換えの綾部駅でやってきたのが113系。

           

          朝っぱらからやたら揺れるわやかましいわ…一般の乗客ならうるさい、しかしマニアにはたまらないサウンドを唸らせ。

           

          駅を出て直線を全力疾走するサマに、そうそうこれこれ!と納得してしまったのであった。

           

          製造初年度から57年経ち、後継車種への交代が進んで現在稼働しているのはおよそ100数両なんだとか。

           

          車内はリニューアルできても、老朽化や各種部品の調達が大変なのは想像に難くない。

           

          後継車種投入するにも予算面や費用対効果とか、関係各所いろいろ大変なんだろうなー………

           

           

           

          ………と、毎度おなじみ話の脱線失礼いたしました。

           

          自転車の方の【113】は、静かで滑らかな乗り心地。

           

          まっすぐを基調としながらも、若干手前にカーブした意匠のハンドルも握った感じがしっくりくる。

           

          乗り降りしやすい形状のフレーム、絶妙に枯れた色合いのベージュ色フレームもイケてる。

           

          あと、何よりもこの自転車のツッコミどころとしては、わざわざ7セグメントで書かれた(描かれた)車名ステッカー。

           

          そして数字の車名なのに、何故かふられているルビ。(誰や書いたん)

           

          ミステリアスかつお茶目な奴です、【113】。

           

           

           

          先にも述べましたが、当店には300台以上の自転車が在籍しています。

           

          昨今の情勢もあり、乗りに来てくださいねー!とは簡単に言いづらいところではあるのですが、「どうしても自転車で京都市内を移動せなアカンねん!」なんて場合など、ご入用の際はどうぞご利用ください。

           

          5月は平日・土日祝の9:00〜21:30で営業中です。※今後も随時変更の可能性があります。ご来店の前に、その都度こちらでご確認いただくようお願いいたします。

           

          予約不要の所有台数を誇る当店の自転車がフル稼働する、そんな日が再び来るのを待ちながら。

           

           

           

          (亀)

          | レンタサイクルえむじか | えむじか出町柳オールスター名鑑 | 22:04 | comments(0) | - |
          えむじか出町柳オールスター名鑑 Vol.13【読書】〜”3密”を避ける交通手段、あります!〜
          0

            えむじか出町柳店、年中無休で営業してます。

             

             

            【読書】

            ・26インチ

            ・まっすぐハンドル

            ・赤

             

             

             

            当えむじか出町柳オールスター名鑑はVol.11【シータ】Vol.12【初恋】と赤い自転車を続けて紹介してきました。

             

            ええかげん色変えたろかな、とも思いましたが、今回も赤いです。

             

             

             

            この【読書】の最大の特徴は、なんといってもフレームのまたぎやすさ。

             

            老若男女、特にスカートを履いた方におススメの一台。

             

            余談ですが、当店の 出町柳駅を経由しての通勤・通学向け「サイクルシェア」プラン ユーザーの方に、【読書】と同タイプの自転車(色も赤・青・黒と3種類在籍)をこよなく愛する会員さまがおられまして。

             

            その会員さまに偶然にもお貸出しできた時は、毎回ええ顔をされて乗って行かれます(ていうか取り出せそうな位置にあったら選んで出したりもするんやけど)。

             

             

             

            読書って、周期的にしたい衝動にかられるんですよね。

             

            書店で、あるいは某Amaz●nで全然カンケーない商品を買おうとして、偶然面白そうな本を発見!…みたいな展開が一番燃えるかなぁ。

             

            京阪枚方市駅前の某でっかい書店など行くと、つい衝動買いしてしまってあぶな…いや、面白い。

             

             

             

            いちばん本を読んでた時期は書店でバイトして、従業員割引で買いまくったこともありました。

             

            自分のものの考え方に、一石を投じるような出会いがたまにあったりとかも。

             

            小説、エッセイ、マンガ、雑誌、週刊誌…などいろいろありますが、そうして集めていった結果、重要な本は手放せないまま我が家の壁の一部を構成したりしている(あと積ん読も多い)。

             

            そんな我が家の壁面を改めて見返してみたら、自分を構成する一部だと思うとなかなかスゴい(おかげで吸音対策もバッチリ、という副産物もある)。

             

             

             

            外出自粛が叫ばれる昨今、家で書を読む機会が増えてる方も多いと思われます。

             

            本当は皆さまに【読書】に乗りに来てくださいねー!と言いたいところではあるのですが、事態が落ち着いたらその節は是非ともお越しください。

             

            このゴールデンウイークを含む5月は平日・土日祝の9:00〜21:30で営業中ですので、「どうしても自転車で京都市内を移動せなアカンねん!」なんて場合など、ご入用の際はどうぞご利用ください。 ※今後も随時変更の可能性があります。ご来店の前に、その都度こちらでご確認いただくようお願いいたします。

             

            自転車の価値が見直されつつあるんじゃないか、2020年。

             

             

             

            (亀)

            | レンタサイクルえむじか | えむじか出町柳オールスター名鑑 | 16:49 | comments(0) | - |
            えむじか出町柳オールスター名鑑 Vol.12【初恋】〜愛車のお手入れ、是非えむじかで!〜
            0

              1台1台抜かりなく手入れしながら、そしてこれからも。

               

               

               

              【初恋】

              ・27インチ

              ・まっすぐハンドル

              ・赤

               

               

               

              えむじか出町柳店を代表する甘酸っぱい名前の自転車【初恋】。

               

              鮮烈な赤い車体、(ギヤ比の関係で)めちゃくちゃ軽い乗り味、それでいて大型27インチ。

               

              なんか【初恋】を体現しているかのような自転車。

               

              誰がどのようにして名付けたか…知る由もないが、なかなかいい得て妙な1台。

               

               

               

              このコラムをお読みの皆さんには【初恋】はあっただろうか?

               

              現在執筆中の(亀)にはありました。

               

              それはそれは鮮烈で、どこまでもいけそうなフワフワ感があり、でっかいでっかい風船のようなものだった…と記憶している。

               

              ではそれが実ったかというと、全くもってそんなことはなく、挙句の果てに悲惨な………!!!!!!!

               

              ………て、自転車そっちのけでいろんな記憶がフラッシュバックし、万が一いま酒でも呑もうもんなら頭が割れそうになるくらい痛飲し、あかんループの繰り返しにハマるところだった、おーこわ。(飲酒運転ダメ絶対)

               

               

               

              いや、もはやそれすら語り草のひとつになってしまっている、というのが正しいのか。

               

              そりゃ当時は打ちひしがれたもんですがね。

               

              いろいろと変遷を経て今に至るうちに、捉え方も変わったのだろうか。

               

              この変化を”年をとる”というのかもしれない。

               

               

               

              ・思い出はいつもキレイやけど、それだけやと腹減りますわ…という趣旨をサビで謳う歌(有名)

               

              ・傷んでも手入れして、まだまだ使うんやこれからも…という趣旨をサビ前のBメロで謳う歌(そこまでは有名ではないかもしれないが、当時20代前半だった(亀)がノックアウトされた)

               

              …ってのがそれぞれありまして。

               

              このコラムを執筆していて、それらの歌詞がふとアタマをよぎった。

               

               

               

              常に前へ前へ転がり続けるんですわ。

               

              現在執筆中の(亀)も、このコラムを読んでいるあなたも、この【初恋】を筆頭にえむじか出町柳店の自転車も。

               

              えむじか出町柳店とお客さまの明日に幸あれ。

               

              いろいろと大変やけども。

               

              みなさんもどうかご自愛ください!

               

               

               

              あ、えむじか車のメンテナンスはもちろん、皆さんの自転車もバッチリ手入れしますよ!

               

              大切な自転車を、末永く。

               

              誠意をもって対応します。

               

              修理依頼お待ちしてます!

               

               

               

              (亀)

              | レンタサイクルえむじか | えむじか出町柳オールスター名鑑 | 00:31 | comments(0) | - |
              えむじか出町柳オールスター名鑑 Vol.11【シータ】〜みなさまに愛される存在であれ!〜
              0

                お客さまとのやりとりが存在する、それって人間のなせる業。

                 

                 

                 

                【シータ】

                ・24インチ

                ・ママチャリ

                ・赤

                 

                 

                 

                そういえば当コラムで24インチの自転車を紹介していなかったなぁ…という件を、連載11回目にして思い出す(全国のえむじか24インチ車ファンの皆様、お待たせしました)。

                 

                今回ご紹介するのは【シータ】。

                 

                明るさ暗さのバランスが絶妙な赤い車体と、各パーツ類の白がマッチしてる1台。

                 

                新品当時の、陽に焼ける前の鮮やかさとはまたちょっと違うやさしい色味の良さ。

                 

                 

                 

                「あ、こいついい名前だなー」とか「あ、こいつの漕いだ感じいいなー」とか、毎日のようにえむじか車を触っているといろいろ思う。

                 

                そんな多士済々のえむじか車で「見てくれがカワイイ」部門代表が【シータ】だ(個人的感想です)。

                 

                えむじか出町柳店で働きだした頃、ぱっと見の感じが一番惹かれた1台。

                 

                24インチゆえに小ぶりな車体、そんでもって先述のカラーリング。

                 

                なんか名前的にも、某長編アニメーション映画のあの娘やん!っていう。

                 

                休憩でちょっと外出…って時に、試運転がてら店の自転車に乗って出かける事がままあるのだが、あるとつい乗ってしまったり。

                 

                乗り心地も、普段26・27インチ相当の自転車に慣れているとハンドリングとか漕ぎっぷりとか、コンパクトな感じも小型車ならではの良さがあるように思う。

                 

                 

                 

                …そういや、あくまで普段大きめサイズの自転車に乗っているからそう思うのであって、24インチユーザーの皆さんはどう思っておられるのだろうか?などと書きながらふと思った。

                 

                なので、どこかで24インチユーザーなお客さまに突撃取材してみるのも良いのかもしれない。

                 

                そんな藪から棒な質問をもし本当にしたとして、コミュニケーションが成立してしまいそうなムードがこの店には存在する気がするし、これからもそうであってほしいと思う。(あくまで失礼のないように!)

                 

                ”可愛げ”ってこの店の大事な要素だよねー、などとエラソーに言うてみたり。

                 

                 

                 

                (亀)

                | レンタサイクルえむじか | えむじか出町柳オールスター名鑑 | 22:38 | comments(0) | - |
                えむじか出町柳オールスター名鑑 Vol.10【つくる】〜いろんな奴がいてます、人も自転車も!〜
                0

                  こわすことは簡単、でもつくることはパワーが必要。

                   

                   

                  【つくる】

                  ・26インチ

                  ・まっすぐハンドル

                  ・水色

                   

                   

                  名前の付いたえむじかの自転車、そんな彼らを紹介するコラムも10回目。

                   

                  10台目の自転車は何がいいか、と画策していたら良いのがいてました。

                   

                  その名は【つくる】。

                   

                  出町柳を代表する、ポジティブでポップでケンセツ的な名前の自転車。

                   

                  26インチまっすぐハンドル車の中でも

                   

                  ・サドルを低めに設定できる

                  ・ペダルの漕ぎ出しが軽い

                   

                  という特徴を持っているので、背の低い方や大きめのお子様へのお貸し出しにはちょうどいい1台。

                   

                   

                   

                  「作る」「造る」「創る」…【つくる】にもいろいろあります。

                   

                  【つくる】物や事の有形無形、大きさ、新しさ…などで表記が変わるようで。

                   

                  ひらがな表記にしてあるのは、いろんな可能性を持たせているのか。

                   

                   

                   

                  ご存じも方もおられるかとは思いますが、えむじか出町柳店スタッフには

                   

                  ・何かしらの表現活動をしている者

                  ・表現活動に携わっている者

                  ・あるいは表現活動の好きな者

                   

                  …が多数在籍してきました。

                   

                  ロックンローラー、マンドリン弾き、シンガーソングライター、サックス吹き、ベーシスト、パーカッション叩く人、映像作家、Tシャツ作る人、ダブルダッチの指導者、ドラマー、自転車馬鹿一代、ギター弾き、DJ、読書家、旅人、舞台美術、トランぺッター、困ったやつ、リコーダー吹き、椅子職人、DTMer、陶芸家、元お客さん(!)、油画描き、トロンボーン吹き、僧侶、「サイクルシェア子」の主演女優、ライブハウス店員、釣り人、役者、演劇人、バンドマン馬鹿一代、孤高の人、アイマス好き、当店をネタにした論文書きに取材で来た人、イラストレーター、作曲家、音楽イベントスタッフ、VJ、造形(鉄)、舞台スタッフ、衣装制作する人、ギャラリーオーナー、写真好き、学生、野球狂、鉄っちゃん、茶道部、音楽について哲学する人、ムードメーカー、料理好き

                   

                  …などなど。(さて誰でしょう?)

                   

                  そんな歴代スタッフそしてお客さん方によって、当えむじか出町柳店はつくってつくってつくられてきました。

                   

                   

                   

                  【つくる】と書くと一見、難しいことやしんどい事のように思えてしまうかもしれない。

                   

                  しかし日常でも、ごはん作ったり、ムード作ったり、時間作ったり、恋人作ったり…と、けっこう個々でやってたりする行為なんじゃないかと。

                   

                  みんな何かしら”つくってる”と思うのです。

                   

                   

                   

                  我々レンタサイクルえむじか出町柳店、お客さん方、今このコラムを読んでいるあなた、そしてこれからの新しい出会い…みんなで新しい未来をこれからもつくり続けていけたらいいなぁ、と思う2020年春。

                   

                  世間のいろいろが落ち着いたら、みんな出町柳へ自転車借りに来てね〜!

                   

                   

                   

                  追伸:10台目を書いたので、”えむじか出町柳オールスター名鑑”カテゴリー作っちゃいました。今までの9台もみてね!

                  (亀)

                  | レンタサイクルえむじか | えむじか出町柳オールスター名鑑 | 02:10 | comments(0) | - |
                  えむじか出町柳オールスター名鑑 Vol.9【好き】〜えっ、通勤・通学にレンタサイクル?!〜
                  0

                    ”嫌い”より”好き”の方がきっと楽しい…?!

                     

                     

                    【好き】

                    ・26インチ

                    ・ママチャリ

                    ・ペパーグリーン

                     

                     

                     

                    皆さんは好きな物・事ってありますか?

                     

                    レンタサイクル店スタッフとして言うのもなんなんですが、自転車は好きです。

                     

                    単に目的地までの移動手段としてだけではなく、天気のいい日に遠出したり、旅行のお供として電車に乗せて運んだり。

                     

                    そうこうしてたら知らず知らずのうちに、以前は全く気にも留めていなかったメンテナンスに気を使うようになったり。

                     

                    やがて自分の自転車を通じて知識を得て、日々のフィーリングが新鮮に…

                     

                    …などなど、物事を好きになるということは、なかなか良い原動力になり得るんじゃないでしょうか?

                     

                     

                     

                    では何故自転車が好きになったか?

                     

                    今をさかのぼる事8年前の6月、広島県は尾道で自転車を借りた。

                     

                    これが後にえむじかスタッフになる全てのキッカケだったように思う。

                     

                    「しまなみ海道ってレンタサイクルでサイクリングできるんや、へぇー!」と、旅行中に情報をキャッチ。

                     

                    そこで借りたのがパナソニック製27インチ、まっすぐハンドル8段変速のタイヤが若干細めなシティサイクルっぽい自転車。

                     

                    こいつがすこぶる快適な走りっぷりで、当時乗ってた6段変速付きの折り畳みできる小径自転車と比べ物にならない爽快感!

                     

                    やがて当時乗ってた70ccのバイクを整備不良でオシャカにしてしまい、「じゃバイク買う金あったらええ自転車買うか!」と、タイヤが細めで変速数も多めのスポーツ車を乗り始めたのが7年前の4月。

                     

                    これがまたすこぶる快適で…てな面白みのループで、だんだん自転車への興味がわき、えむじか出町柳店で働く現在に至るという。

                    我が愛車。なんだかんだで8年目。日本海沿い某所にて。※レンタル自転車ではありません!

                     

                     

                     

                    ところで当えむじか出町柳店では、

                     

                    1日単位でのお貸し出しプラン

                    滞在して自転車で京都をめぐる方向け 「もちっぱなし」プラン

                    出町柳駅を経由しての通勤・通学向け「サイクルシェア」プラン

                     

                    …というサービスがございます。

                     

                    そう、通勤通学の足として使うレンタサイクルが存在します!

                     

                    ご自宅から出町柳駅まで、あるいは出町柳駅から職場・学校まで、月額¥3,000で365日24時間貸出・返却OK!というサービス。

                     

                    たとえば出町柳駅からのバスを待つ時間、渋滞のリスク、駐輪場に出し入れする手間、駐輪場の月極利用抽選の結果に一喜一憂しなくて済む、なにしろ自身の自転車を用意しなくてもよい、日々のメンテナンスもバッチリで乗り心地も良い…などなど、様々なメリットがあります。

                     

                     

                     

                    自転車は当店に在籍するものを、毎回日替わりでお貸し出ししています。

                     

                    【好き】はその中の1台。

                     

                    何の変哲もないママチャリです。(個人的にはベルの鳴りが良いフィーリング)

                     

                    しかしながら名前のポジティブさはなかなかのようで、先日もお貸し出ししたお客様が「え、【好き】てめっちゃええ名前ー!」というリアクションをされていました。

                     

                     

                     

                    毎日の通勤・通学で自転車に乗ってみて、初めてわかった自転車の面白さ!…とか、あったとしたら素敵ですよね。

                     

                    「あ、自転車なんかええやん!」など、お客様に多少でも【好き】な感情を抱いて頂ければ、スタッフとして誠にありがたき幸せでございます。

                     

                     

                     

                    (亀)

                    | レンタサイクルえむじか | えむじか出町柳オールスター名鑑 | 00:47 | comments(0) | - |
                    えむじか出町柳オールスター名鑑 Vol.8【さくらんぼ】〜お子様用自転車、あります!〜
                    0

                      自転車に乗れるようになって、お出かけするのがもっと楽しくなる!ってあるよね。

                       

                       

                      【さくらんぼ】

                      ・22インチ

                      ・まっすぐハンドル

                      ・白

                       

                       

                       

                      当えむじか出町柳店では、

                      ・大人用で24〜27インチ(子乗せ自転車は26・27インチ)

                      ・お子様用は16・18・20・22・24インチ

                      …の、ママチャリ・シティサイクルと呼ばれる自転車が在籍しています。

                       

                      クラス分け等はなく、均一料金です。

                       

                      全車一般車、電動アシスト自転車はありませんが、メンテナンスを施した快適な乗り心地でお待ちしております!

                       

                       

                       

                      というわけで今回の自転車は、お子様用自転車から【さくらんぼ】。

                       

                      当店のお子様用自転車は、概ね果物の名前がついています。(まれに人名っぽいのも居ます)

                       

                      【さくらんぼ】は要所要所でピンク色が効いてて、乳白色の泥よけ・チェーンカバーも桜っぽいラブリーな1台。

                       

                      自転車に乗れるようになってちょっと経った、ってぐらいの女の子にうってつけの存在!
                       

                      (もちろん、お好みとあらば男の子にもお貸し出しします。あと在庫状況にもよったりとか。個人的にピンク色の似合う男子ってセンスあるなぁと思う。でもそれって大人になってからの方がマッチしたりすんのかな?あぁぁ話が脱線してきた…)

                       

                       

                       

                      皆さんはさくらんぼってお好きですか?

                       

                      たまにお土産でもらったり、コンビニでアメリカンチェリー売ってたり…で食べたりもしますね。

                       

                      が、個人的になんといっても一番好きなのは、パフェとかみつ豆とかクリームソーダに乗ってるアレだったりする。

                       

                      大人になってからやと冷麺に乗ってるアレもいいなぁ。
                       

                      お察しのとおりトッピングのアレは加工品である缶詰なんですが、あの紅が効いてる感じがいいな(そういやこの【さくらんぼ】のフロントフォークも紅だった)、あの甘さがいいな、とか思っていた。

                       

                      メインで食べるのもいいけど、料理のアクセントとしての場合に美味さを感じる。

                       

                      トッピング界においては最高峰の存在なんじゃないかしら。

                       

                      一見華やかに見えて実はめっちゃ名脇役!っていう奥ゆかしさもまた素敵だ。

                       

                       

                       

                      これから見頃を迎える桜観賞に、親子でお出かけされることもあるかと思います。

                       

                      そんな華やかな季節に、奥ゆかしさもたたえた【さくらんぼ】とご一緒に親子でお出かけいかがっすか?

                       

                      (それにしても「さくら」と「んぼ」で改行すんのかい、とツッコまざるを得ないローマ字スペル…この自転車の一番のツッコミどころはそこだったりする)

                       

                      (あと【さくらんぼ】といえば”と〜な〜り同士、あ〜な〜た〜と〜”のサビが有名な曲がありますが、並走は非常に危険なのでおやめください。お子様との並走は特に危険です。よろしくお願いします!)

                       

                       

                      (亀)

                      | レンタサイクルえむじか | えむじか出町柳オールスター名鑑 | 23:04 | comments(0) | - |
                      + PROFILE
                      + LINKS
                      + RECENT ENTRIES
                      + CATEGORY
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << October 2020 >>
                      + ARCHIVES
                      + RECENT COMMENTS
                      + MOBILE
                      qrcode